なにがすき?

片づけ、家事を楽に、毎日おだやかに暮らしたい

MIDORIのミニマルダイアリーで予定を見渡す


スポンサーリンク

はやくも1月が終わり、2019年はあと11ヶ月となりました。
2月になり、やっとマンスリー手帳を買いました。

 

今年は手帳を使わない予定でした


2018年のはじめは、ブログ記事にもしましたが、「無印の手帳」、「なんでもノート」、「いいこと日記」と3冊使う予定でしたが、最終的には「なんでもノート」しか使っていませんでした。

www.hosimito.com

まず何冊もノートを書くことができませんでした。

また日記は普段はしまっているので出してまで書くことができず。

書いても数ページでした。いいこと日記は好きなのに、残念。
結局「なんでもノート」1冊に書けば済むことでした。


ですので、今年は手帳を買わずに、「なんでもノート」でスケジュール管理やタスク管理、日記等を書こうと思っていました。

 

マンスリー手帳が欲しくなった理由


今、「私のなんでもノート」は、バレットジャーナルっぽく使っています。 

www.hosimito.com

したいこと、やるべきこと、日記などなんでも書いています。
手帳を使わず「なんでもノート」をメインで使っていましたが、不便なことはありませんでした。

 

ただひとつだけ、カレンダーのように日付と予定がパッと見渡せたらいいなあ、また、何ヶ月か先の予定を見たいなあと思ったときに少しだけ困ったので、今年はマンスリー手帳を導入することにしました。


今私が使っている「なんでもノート」は、MIDORIの「MDノート<A5>無罫」というものです。
透明ビニールカバーをつけて使っています。

書きやすくて、重さもちょうどよく、気に入っています。
手帳を買ったとしてもメインはやはりこのノートです。

MIDORIのミニマルダイアリーを買ってみた


薄いマンスリー手帳があるといいなと探していたのですが、なかなか自分の好みのものが見つけられませんでした。
後半のメモのページがけっこう多かったり、厚みがあったり、書くところが狭かったり、ちょうどいいものがなかなかありません。

 

手帳コーナーをうろうろしていた時、「なんでもノート」に使っているMIDORIのコーナーで、ミニマルダイアリー(月間ブロック)を見つけました。

マンスリーのページだけしかなく、付録やメモページは無く、軽く薄い、これはいいものを見つけた!と嬉しくなりました。

「なんでもノート」と一緒に持ち歩くことができ、予定を確認したいときにささっと見ることができます。
カバーの内側に入れて、2冊一緒に持ち歩いても重さはほとんど変わりません。

 

 

というわけでマンスリー手帳を導入した2019年の手帳事情についてでした。


バレットジャーナル風の「なんでもノート」を使っているおかげで今年はメインの手帳選びで迷うことが無かったです。
また変わっていくかもしれませんが、今のところこんな感じで使います!


スポンサーリンク