なにがすき?

片づけ、家事を楽に、毎日おだやかに暮らしたい

図書館で昔の本を予約しまくる


スポンサーリンク

本を読みたい波が来た

先日ブログに書いたように、本をいろいろと読みたい波がやってきました。

1冊の本をじっくり読みたい時期と、たくさんの本に囲まれたい時期が私にはやってきます。

今は後者の、たくさんの本に囲まれたい時期。

それも昔よく読んでいた本や、好きな作家さんの本が読みたい。

 

本が手元にない

しかし、昔よく読んでいた本は売ったので手元にない状態。

そういうとき、古本屋と図書館は強い味方です。

 

書店には売っていない

古い本は、よほどロングセラーだったり文庫化されていたりしないと書店には売っていません。

例えば私の好きな小林カツ代さんの本は、昔のものやエッセイがすごく好きなのですが、新刊を取り扱う書店で見つけることはできません。

新たに再編集されたレシピ集や、文庫化された比較的新しいものなら見つけられますが、私が読みたいのは1990年前後のあの味のある本。

 

図書館が強い味方

そういう古い本がある場所は、古本屋と図書館です。

古本屋めぐりをして、おお!という本に出会う楽しさもありますが、一番手軽なのはいつも行く図書館の蔵書検索を利用すること。

ネットなら家でも見られます。

作家さんの名前で検索し、読んでみたいものはとにかく予約。

ああこんな本もあるんだ、読んでみたい。

ああ懐かしいこの本、図書館にあるなら嬉しい。

 

もちろんすべての本があるわけではありませんが、そういう本はまた別の手段で見つけましょう。

とにかく今なるべくお金をかけず、自分の家の蔵書を増やすことなく読めるのは図書館が一番です。

 

というわけで

図書館の蔵書検索で読みたい本を予約しまくりました。

図書館にふらっといって、書棚をうろうろし、本を見つける楽しみもありますが、たくさん予約して届いた本を借りて帰り、部屋に並べてあれ読もうこれ読もうとやっているのが大好きです。

本がありすぎて一度に読めずに返してしまうのですが。

気に入った本はその後古本で見つけたりして、大事に読みます。


スポンサーリンク