なにがすき?

片づけ、家事を楽に、毎日おだやかに暮らしたい

決めておくことは大事


スポンサーリンク

仕事に行くようになり、いろいろと時間の使い方を研究中です。

(仕事といっても、今は一日1時間30分、仕事場に行っているだけなので、自由時間は相変わらず多いです。)

 

いろいろと決めておくことが、大事なのだと改めて思います。

 

このようなことを決めます。

自分は、一日の中で何を優先にしたいのか。

一日の中でこれがしたい、というのは何なのか。

例えば、家族が満足するごはんづくり、家を整えておくこと、読書やノートタイムといった自分がリラックスできる時間を取ること。

洗濯ものや、片づけに追われないこと。

そうすると、スマホゲームやテレビをダラダラ見る時間は自然と減ります。

読書やニコニコ動画を見る時間ももっと取りたいので、家事を楽にすることをこれからのさらなる目標にします!

 

献立

おおまかなメイン料理を決めておくと買い物に時間がかかりません。

肉、魚、鍋料理、などで良いので、頭を悩ませることを減らしましょう!

いつも決めないでスーパーに行っていたので、憂うつで時間がかかっていました。

 

用事、雑用をする時間を決める

グーグルカレンダーに予定を入れてみることを試していますが、仕事場から戻ってきて、ごはんづくりを始めるまで、ぽっかり時間が空いているのを見つけました。

この時間、これまではコーヒーを飲みながらこどもの相手をしつつ、ネットやスマホゲームをするという、ダラダラ時間だったのですが、1時間ほど家のちゃちゃっとできる家事をすることにしています。

集中してガガガっと。

例えば家計簿の残高記帳、洗濯物のアイロンがけなど。ひとつひとつはためずにやればすぐ終わるものばかりです。

 

朝のために、夜のうちにしておく家事を決める

ごはんのセット、洗濯物のセット(ネットに入れておく、襟の汚れを落としておくなど)、流し台の掃除、部屋全体を整えるなど。

朝起きてすぐお弁当作りや洗濯物に取り掛かれるように、夜のひとがんばりが大事ですね。

 

 

以上、私が一日の中で決めておくことを書いてみました。

仕事はこれから時間が長くなるので、さらに時間の使い方を見直したいですね。

 

時間の使い方について読んでいる本です↓ 

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 


スポンサーリンク