なにがすき?

片づけ、家事を楽に、毎日おだやかに暮らしたい

人を家によんでみる


スポンサーリンク

娘の幼稚園時代のママ友達を家によんでみた。

話の流れで、「誰かのおうちでお茶しよう」となり、いつもは他の人のおうちにお邪魔させてもらうところを、自分から手をあげてみたのだ。

 

今回は30分片づけをいつもしているおかげで、あまり焦らずに来てもらうことができた。

今まで何度か気の置けない友達を家によんだことはあったけれど、いつもバタバタだったので、少し進歩したかな。

 

なぜ友達なのに家に呼べないか?

我が家は築20年ということもあって、家を見せるのが恥ずかしい部分があった。

友達にどう思われるかな…?なんてことをうじうじ考えて、人をよぶのは勇気のいることだった。

それに、他のママ友さんのおうちにお邪魔すると、おうちはきれいだし、お茶やお菓子のきめ細かなサービスをしてもらったりで、「自分はああいうふうにできないなあ」と、気が引けていたのだ。

 

でも、友達にはありのままでいいじゃないか!

これがわたしのうちの状態なんだし。

友達を家に招いてみよう。

そう決心したら、楽になった。

 

お客さま目線での掃除

当日の掃除リスト。チェックするところは以下。

・全体掃除 いつも通りの掃除を、少しばかり丁寧に。

・玄関 アロマディフューザーでオレンジの香りを。靴をしまう。

・トイレ いつもよりも、より丁寧に掃除。

・グラス、食器類 冷たいもの用と、温かいもの用を用意し、メラミンスポンジできれいに。

・リビング 雑貨類を減らす。観葉植物の葉っぱも軽く拭く。

・洗面所 磨く。

・庭 全部はきれいにできなくても、できる範囲で。

 

こんな感じで、友達が家にきた。

楽しく、おしゃべりして、見られる緊張もあったけど、「いいおうち〜」と言ってもらうと、掃除してきて良かったなと思う。

 たまには友達を招いてみよう。一回二回と回を重ねると、もっと気楽によべるかもしれない。

家もそのたびにきれいになる気がする。

 

難しいのは

飲み物を出すタイミングは難しい。

暑かったので、冷たい飲み物ばかりになってしまった。

コーヒーなどをさっと出せるともっと良いのだけど。

 

「かぞくのじかん」のバックナンバーを読んで、することなどを参考にさせて頂いた。

わたしの理想とするシンプルな、素敵な暮らしをしている人たちばかりで、心が落ち着く。ホッとする。


スポンサーリンク