なにがすき?

片づけ、家事を楽に、毎日おだやかに暮らしたい

ごみだけど捨てられない?


スポンサーリンク

少しだけかけている食器、少しだけへたってかびがうっすらはえてきたようなタオル、ふきん。

少し小さくなってきてきつい、雨の日にこどもがはく長靴。

これらは、ごみです。

でも捨てることをせず、使い続けていたりします。

 

そういうものたちは小さな声でうったえてきます。もう捨てていいんじゃない、と。

私は頭の中でその声を聞き、もやっとしながらも、今日もごはんをのせたり、洗濯したり、こどもに履かせたりします。

こういうもの、捨てていかないとですね。

 

明らかにごみとわかるものは捨てられます。毎日の可燃ごみやプラごみ。資源ごみ。

それに、今使っていないものも、「もう使っていないから」という理由で捨てられます。

「使うから」といってとっているもの、いやいや使っているものを減らしていかないといけません。

 

中身が少し入っているから、と、とってある調味料。

ポイントがたまっているから、と使う予定のないポイントカード(だいたいポイントは期限切れです)。

シャボン玉の液体も容器だけがたくさんあります。

 

毎日目についてうったえかけているごみ、捨てよう。

使っているんだよね、これ、と自分に問いかけてみよう。

 

今日、玄関の収納扉の中に入れていた、娘が幼稚園時代(もう2、3年前)の長靴、靴を捨てました。

ひとつひとつの中身は少量だけど3つあったはちみつ容器の中身をひとつにまとめて、捨てました。

ふきやすいけどボロボロだった台拭きを捨てました。

いつも目について、捨てるまでできなくて、もやっとしていたものでした。

今日実行できて良かった。もやっとすることを減らそう。


スポンサーリンク