なにがすき?

片づけ、家事を楽に、毎日おだやかに暮らしたい

おばあちゃん


スポンサーリンク

昨日18時30分ごろ弟から着信あり。

「どうした?」「おばあさんが亡くなってしまった」。

火曜日頃母に電話したときは元気だと言っていたので、びっくりする。

どうやら、朝まで、いや17時頃まで元気だったらしいけど、

食堂に行く途中で、ころっと心臓が止まってしまったとのこと。

最後に会ったのは9月で、その時は病気をしたあとだったので、ぼんやりしていた。

何がなんだかわからず、びっくり、がっかりした。

いつかは来ることだけど、こんなにはやいなんて。

でも、近いのかな、という気持ちもしていたかもしれない。

 

おばあちゃんは、私がこどもの頃、うちの隣に家を建てて住み始めて、

私が大学生になって家を出るまで、一緒に生活していた。

大学を出て実家に戻ったときも。

それから私が家を出て、おばあちゃんが病院・施設に入るまで、

ずっと近くにいた。

母とはよく喧嘩をしていて、そのせいでうちの雰囲気は悪く、うんざりするぐらいだった。

でも、病気をしてからは、怒っていることは無くなった。

こどものときは、私たちにポテトを作ってくれたり、ヤクルトラーメンを作ってくれた覚えがある。

おばあちゃんと一緒に寝ると、サスペンスばかり見るので恐ろしかった。

なんかもういろいろ思い出せなくなっているけど、

これからお葬式やいろいろなバタバタが終わったら、

しみじみとひたれるのだろうな。


スポンサーリンク